手作りの和ろうそく・純木蝋や線香・焼香の専門店 小大黒屋 永平寺御用達の老舗です

和ろうそくの製造販売の小大黒屋

FAX注文用紙はこちら

和ろうそくとは

和ろうそくの芯
一般的に和ろうそくの芯は和紙、西洋蝋燭の芯は糸と区別されています。
和ろうそくの芯は、和紙を棒に巻きつけ蝋漬けしたものが使用されています。
棒に巻きつけることによって芯の上まで空洞ができ、その空洞を通り空気が供給されます。
和ろうそくの炎が風がないときにゆれたり、ぽんぽんとはずむのは、芯から空気が流れることによって起きる現象です。
芯には、和紙のほか燈芯(とうすみ)を巻くことがあります。燈芯とは、イグサ(別名 燈芯草)の花茎の髄のことです。和紙でできた芯は、蝋をしっかり吸い上げるので蝋が垂れるのを防ぎますが燈芯(とうすみ)を使うことによってさらに蝋が垂れにくくなります。和ろうそくの芯は、太く、蝋の吸い上げもよく、空気がしっかり供給されるため炎が大きく上にのびるのです。
ろうそく炎のびる
和紙巻きつけ中 和紙巻きつけ完了
和ろうそくの蝋
和ろうそくの蝋 和ろうそくの蝋には、ハゼのみや植物性の油脂、大豆から作ったソイワックス、お米の糠を使った糠蝋、蜂の巣から取り出した蜜蝋などが使われています。昔は、鯨の油をつかった蝋もありました。
櫨(はぜ)の木の実の外殻から絞った油脂分から精製した蝋のことを木蝋といいます。
小大黒屋の木蝋は古々実(ここみ)と呼ばれる二年間、櫨の実の外殻を冷暗所に保管して乾かして熟成させた物を蒸して圧搾して油脂分を抽出しています。
そうしてできた油脂分から不純物を取り除き木蝋がつくられています。木蝋は植物性油脂のため融点が低く加工が難しいとされています。
和ろうそくの製造
小大黒屋の和ろうそくは、木蝋やパームなどの植物性樹脂から作られた蝋を型に流しこみ作られています。
型に芯を刺し上から溶かした蝋を流し固まるのを待ちます。
蝋が固まるとはみ出たお尻の部分の芯や蝋を温めた包丁でそぎ落とし型からろうそくを1本づつ抜き取ります。 そして1本づつ、形を整えるため削り成型をします。
そうしてできたろうそくは1ヶ月から2ヶ月ねかせようやく完成となります。

作り方はこちらをクリック

和ろうそくの製造01
和ろうそくの製造02 和ろうそくの製造03
和ろうそくの製造04 和ろうそくの製造05